うるまで暮らす

「沖縄県うるま市」 移住検討者向け情報メディア

うるわしの島 うるましの今

【申込み終了しました】お試し移住2018 沖縄県の離島に暮らすように滞在する

【申込み終了しました】お試し移住2018 沖縄県の離島に暮らすように滞在する

お試し移住は、沖縄県うるま市のイチチぬ島(ウチナー言葉で5つの島:平安座島、浜比嘉島、宮城島、伊計島、津堅島)の民家に実際に住む感覚で滞在していただき、地域の方との交流などを通して島の住環境を体験しながら、ご自身の移住へのイメージをもってもらうことを目的としています。

今年度は、昨年度の「しまみらい会議」で話し合われた内容をもとに、「20代~40代の方、特にクリエイター・子育て世帯・農業に関心のある方」を優先します。

詳しくは下記をご覧ください。

実施概要

○滞在日数:4泊~10泊
○利用人数:1名~4名(超える場合ご相談ください)
○利用期間:2018年11月1日~1月末(予定)※12/28~1/4の年末年始を除く
○滞在場所:沖縄県うるま市の島(平安座島、浜比嘉島、宮城島、伊計島、津堅島)の一軒家
○利用料金:4,000円/1組 + 2,000円/1名あたり※滞在日数に関わらず
○利用対象:しまみらい会議で議論された内容をもとに、下記の方を優先します。
・20代~40代の方、特にクリエイター・子育て世帯・農業に関心のある方
○利用条件:1、3年以内の移住を検討していること(観光等を目的とした滞在はご遠慮ください)
2、事前のヒアリングや体験後のアンケートへのご協力

※「お試し移住」住居は、一昨年度、昨年度とは違う住居です。
※うるま市イチチぬ島では、現時点で移住希望者向けにすぐに紹介できる物件があるわけではありません。
その点をご理解ご承諾の上、お申し込みください。

お申込み方法

【お問合せ、お申込み】
一般社団法人プロモーションうるま 担当:菊地
TEL:098-923-5995 メール:iju(アットマーク)promo-uruma.com
・お問合せ、申し込みの対応時間は月~金の9時~17時です。
※返信にお時間がかかる場合が御座います。ご了承ください。
※事務局からのメール返信は上記時間外に行う場合もあります。

試住物件概要

物件の外観、住所等はお申し込みいただいた方にご連絡差し上げますが、下記ご留意ください。
・下記設備はございますが、それ以外の滞在に必要な物品は各自ご用意ください。
基本設備:冷蔵庫、洗濯機、テレビ、ガスコンロ、電子レンジ、炊飯器、掃除機、食器・調理器具
・「お仏壇」が設置されている民家をお借りしております。家主さんの荷物も置かれておりますので、生活感ある場所への滞在が苦手な方はご遠慮ください。
・家の鍵がない場合もございます
・現地まではご自身でお越しください。レンタカーが便利です。

最近の投稿

More

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 2 )

コメントはまだありません。

  1. […] そこで僕はさらに、その言葉を放った彼自身がどうして沖縄の、しかもうるま市に移住したのか? と聞いてみたところ、お試し移住の話と、もう一つ「しま未来会議」という興味深いプロジェクトの話を教えてくれました。この「しま未来会議」は、沖縄の中でも人口減少が進むうるま市島しょ地域の住民と行政が連携し、「誰でもいいから移住してくれ!」と、無闇に数を増やそうとする前に、どういう人に住んでもらいたいかを島の人たち自身がまず発信しよう。そのためには、どんな島にしたいかというビジョンを、島に暮らすみんなで話し合って決めよう! というもの。 […]

  2. […] うるま市に来たきっかけは、「お試し移住」です。2017年2月に伊計島の古民家に5日間滞在し、とても衝撃を受けました。それは、このイチチぬ島々に豊かな自然と生活文化が守られていたからです。5つの島にある9つの集落では島ごとの風土に適応するために異なる集落文化が重ねられ、そうした文化が地域の行事や古民家という形で今も体感できます。 […]

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)