うるまで暮らす

「沖縄県うるま市」 移住検討者向け情報メディア

あれこれ情報

沖縄県うるま市お試し暮らしツアー~イチチぬ島の人と日常を探る3日間~

沖縄県うるま市お試し暮らしツアー~イチチぬ島の人と日常を探る3日間~

 沖縄県うるま市のイチチぬ島(沖縄言葉で5つの島:平安座島、浜比嘉島、宮城島、伊計島、津堅島)は、津堅島を除き海中道路でつながっている車で行ける離島です。そうした利便性があるだけでなく、自然環境や地域行事が残る「豊かな島」でもあります。その豊かさを大切に守り育んでいるのは、そこに住み、働き、暮らす地域の人々です。

 移住、定住という言葉で、住環境や仕事のことばかりが判断材料になりがちです。でも「こんな〇〇な人たちがいるんだ」という興味深さや感動や発見が、自分自身の気持ちを揺さぶり、移住や二拠点生活など「これからの新しい生き方」を模索する第一歩になるのではないでしょうか。

 このツアーでは、イチチぬ島に関わる人々と出会い、島の暮らしを体感することできます。豊かな島の暮らしに触れることで、これからの生き方を模索したい方々はご参加ください。

開催概要
日程 2019年2月21日(木)~23日(土)2泊3日※前泊、後泊は自由です
実施場所 沖縄県うるま市の島しょ地域
集合 2月21日(木)14:45集合予定@沖縄県うるま市の島しょ地域の施設※決定後に連絡
参加費 無料(現地移動費・宿泊費・体験費等)
※本ツアーは現地集合・現地解散です。居住地から集合場所までの往復交通費・航空運賃や滞在中の食費は実費負担です。
※食費の目安 合計4,500円程度(朝500円×2食、昼700円×2食、夜1,000円×2食)を徴収予定。その他、各自で飲食店をご利用いただく場合もございます。参加確定後に送付する「旅のしおり」をご参照ください。
宿泊先 地域交流を兼ねて民泊(ホームステイ)を用意します。
※その他参加者と同部屋(1民家2~3名)になる場合がございます
定員 3組(延べ10名程度)
対象 しまみらい会議で議論された内容をもとに、下記の方を優先します。
・20代~40代の方、特にクリエイター・子育て世帯・農業に関心のある方
参加条件 ・ツアーについての事前/事後アンケートにご協力いただける方
・ツアー内で撮影した動画や画像の、メディア等での肖像権利用を許諾いただける方
・ツアー後、移住情報などの連絡をご了承いただける方
応募〆切 2019年1月7日(月)
※〆切後1月11日(金)頃までに当社から参加の可否についてご連絡いたします

 

3日間の過ごし方

2月21日(木)
・集合(14時45分:島しょ地域の施設※決定後連絡)
・うるま市はどんな場所?
・島しょ地域島あるき:島の価値観と歴史を学ぶ
・各民泊先へ移動

2月22日(金)
・島の空き家を見学
・島の生業を体験:サトウキビ収穫
・先輩移住者の話を聞いてみよう
・島の教育を知る:彩橋小中学校見学
・島の方を交えての交流会

2月23日(土)
・ツアーの振り返り
・解散(11時予定)
※ツアー内容は天候等の事情により変更になる可能性もございます。あらかじめご了承ください。

応募はこちら

お問合せ

一般社団法人プロモーションうるま 菊地
TEL:098-923-5995 Mail:iju@promo-uruma.com

最近の投稿

空き家活用勉強会第3回 歴史や思い出を重ねた家屋の「リスタート」のために必要なこと

空き家活用勉強会第3回 歴史や思い出を重ねた家屋の「リスタート」のために必要なこと

家屋は家族などが歴史や思い出を重ねる大切な場所です。そんな家屋も時間の経過とともに家族の状況も変わり、「暮らす場所」として機能しなくなるケースが増えています。一方で、「空き家活用」という言葉が一般化し、空き家を地域づくりに活用しようという動...
More

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)