うるまで暮らす

「沖縄県うるま市」 移住検討者向け情報メディア

島ビジョン

島ごとビジョン:平安座島(しま未来会議より)

島ごとビジョン:平安座島(しま未来会議より)
大切にしたい価値観を探り出す~残したいもの、復活させたいもの


趣旨:ビジョンづくり最初の全体会議では、「残したいもの」「復活させたいもの」として島民の声を集約した
日程:2017年8月7日 会場:桃原公民館
参加:14名(内、平安座島民3名)

〇残したいもの
・島のアイデンティティである方言やウスデーク、エイサー、ハーリー等の文化
・ンヌジグァ(イイダコ)や海ぶどうを特産品にして活性化のきっかけにしたい

〇復活させたいもの
・観光活用でマーラン船やカー等の拝所、アカバナーやユリ等がある風景
・商業に関して精米所、鯨漁、養蚕業、塩田があった
・昔あしびや早起き会を通して人材育成したい

 

未来へのワクワク感をふくらます~できたらいいな、あったらいいな~


趣旨:前回まとめた“残したいもの”が残り、“復活させたいもの”が復活したと仮定し、3年後、5年後、10年後と、未来を想像する島民の声を集約した。
日程:2017年9月19日  会場:平安座自治会
参加者数:10名

○ハーリー 強者が集まりハーリーの競技力も上がりながら、女子チーム、外国人チーム。楽しむチームも増え、100チーム、500チームと発展していく
ウスデーク 学校の授業でやる。若い人達が参加する。参加型体験、女装で男性も参加するようになり、リピーターも増え、全島ウスデーク大会を開催する
サングヮチャー SNS発信する事で集客UPし、島民の関心も高まる。フリーマーケットや屋台出店での特産品の販売が行われるようになる。
マーラン船 やかた船のように観光や海上交通として活用。技術をつなぐ為、弟子を見つけ、制作ができるようになる。

 

 

こんな未来をつくれるかも~役割分担を明確にして地域づくりをイメージする~

趣旨:前回まとめた3年後、5年後、10年後の未来を想像した時、そのアイディアを実現するにはどのような役割分担ができるか。行政、自治会、住民、支援団体、マスコミ等が担う役割を明確にして地域づくりをイメージする。
日程:2017年11月6日  会場:平安座自治会
参加者数:12名

〇ウスデーク保存会などの伝統文化の継承を中心に地域づくりをしたい。そのために・・・

自治会は 補助事業への申請や文化を受け継ぎやすくしたい。若い人の人材育成。婦人会、老人会、子供会との連携を進めたい
行政には 今あるイベントと連携。情報発信(県内外)。継続的な支援をして欲しい。
支援団体には 会議の場づくりや会議を進行する役割。発表の場をつくってほしい。
マスコミには 声・島の事を伝えてほしい

 

 

未来の島人像~未来を実現するのに必要な人材像を具体化する~

趣旨:役割分担、行政、自治会、住民、支援団体、マスコミ等が担う役割を明確にし、地域づくりのイメージを膨らませた上で「どんな人が来てくれたらいいだろう?」という投げかけ、未来を実現するのに必要な人材像を具体化した。

マインド ・平安座のことを理解している。自治会にあるものの価値がわかる。
・一緒になって参加することを大切にする。ありのままを大切にする。
・うるま市にいきたい想い(平安座)
スキル ・映像、音楽の技術がある。
・情報収集、整理、検証、編集、教本にする。整備する。
・SNS(Facebook・YouTube)を発信できる。

 

 

平安座島の未来像~アイデアが始まって10年後の島の姿は?~

趣旨:最後の全体会議では、これまでを振り返りながら島ごとに、10年後の島の未来を言葉、ストーリーに落とし込んだ。
日程:2018年1月16日  会場:桃原自治会
参加者数:20名(内、平安座島民5名)

島の未来、描いたストーリー
・ウスデークの伝承をきっかけに、島内外の島人と絆をさらに深めたい
・それが注目されてニュースになり、世界中から人が集う島にしたい

最近の投稿

More

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)